耳を掃除しました

今日は日曜日、少し暇ですので耳そうじをしてみることにしました。

こんなときに、自分は耳そうじを、だいたいどれくらいの間隔で、
してきたのであろうか。ちょっと考えてみました。

耳そうじが好きな人であったら、毎日でもせっせとそうじしています。
逆に嫌いな人であったら、私もそうであったとおり、
耳に耳かきを入れるだけでもドキドキして、ちょっと触っただけでも
痛いのではないかと思ってしまいます。

ここら辺の感じは慣れが多く影響すると思われます。

耳かきはやりすぎても問題があります。時に、中耳炎などを引き起こす
場合がありますが、ほうっておくと耳垢のほうは、
どんどん蓄積されていきます。

そのうちに硬くなって取りにくくもなりって着ます。
自分の手には負えず、耳鼻科に行かなければならなくなる場合も
出てくる場合もあるでしょう。


また、オフィスなんかで、人の目を気にしながらこっそりと
耳そうじをしている人を見かけますが、耳掃除の仕方も
人によってさまざまです。

ある程度たまってから、耳かきでゴリゴリと音を立ててごっそりと
取るのが好きな人。

耳かきが苦手で、綿棒で少しずつそっと抑える程度の人もいます。

一概にどれが良いとはいえませんが、耳の内部が痛むほどかいたりする
のは普通に考えてもあまりおすすめできないのではないでしょうか。

また、綿棒は耳に優しく当たるので気持ち良さそうですが、
逆に耳の内部に耳垢を押し込めてしまうのでないかと言うような説も
あるみたいです。


耳の中は自分でしかほとんど手入れができないものですし、
鼻やのどにもつながっていて、トガメでもしたらる大切な部分
ですので、被害は大きくなります。


時には耳にはカビが生える事もありますし、ある程度は清潔にして
おいて病気になるのを極力防げるようにしたいものです。


子供に対して気をつけている親は、特に耳そうじの仕方は気になる
と思います。

耳そうじのグッズがいろいろと出ていますが、一番大切なのは
耳そうじは子供が嫌がらないようにする事だと思います。

頻度も耳が詰まるほどためておくのは例外ですが、普通にするだけで
毎回取れる程度にやっておけば大丈夫です。


まずは、ほどほどに、耳を傷めないように気を付けて耳そうじを
したいと思いました。


| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。